PROFILE

プロフィール

中村 加菜子|Nakamura Kanako

kanakonoデザイナー/イラストレーター
月刊専門誌の表紙、書籍の挿絵、企業の商品パッケージなど幅広く手掛け、イラストレーターとして活動中。

神戸女学院大学を卒業後、ロンドンへ留学。

ロンドンブリッジ近くにあるバラマーケットで新鮮な食材やチーズを買う日曜日の朝。
活気ある市場、色とりどりのフルーツ、とれたての塊肉、そしてそこに飛びかう会話。

綺麗に完成した作品ではなく、そこに生きる街と人のドキュメンタリーを体感した時に、五感が開くのを感じる。

帰国後タンクからあふれるように感情が出てきた時、「なにか作らないと」と駆り立てられるように制作を始める。

街並みやファッション、街の歴史を物語る陰の部分、生まれ育ったお笑いの文化など。
それらひとつひとつをコントラストのある映像として思い出し、自分の過去の経験と今この瞬間に降りてきた感覚を重ねることで、キャンバスに新たな世界を創造すること。
それが私にとって絵を描くということ。

言葉にできない感情の豊かさ、子供みたいなカラフルな世界、音楽が鳴り出す様な躍動感と勇気を作品を通じて伝えている。

 

<実績>

・第11回クリエイターEXPO出展予定(2022年6月)
・kanakonoテーブルウェア『プティ』シリーズ販売予定(2022年5月)
・雑貨マルシェ参加(2022年4月)
『春のうつわ&雑貨マルシェ!』(イオンモール千葉ニュータウン)
『ねこ祭り&雑貨マルシェ』(柏マルイ)
・初個展『Brand New Day』開催@Art-B Gallery(2022年3月)
・kanakono春夏シリーズ『プティ』デザイン(2022年3月)
・『フット・ウェアプレス』表紙 年間イラスト担当(2022年1月-12月/2017年より継続)
・kanakono秋冬シリーズ『ヴェルヴ』デザイン(2021年11月)
・kanakonoテーブルウェア『ピノ』シリーズ 通販カタログ・通信販売のベルメゾンネット掲載(2021年10月)
・応援大学『夢応援フェス DYO』パンフレット表紙担当(2021年7月)
・kanakono春夏シリーズ『ニコリ』デザイン(2021年3月)
・kanakonoテーブルウェア『ピノ』シリーズ販売(2020年8月)
・東京国立博物館『出雲と大和』展オリジナルグッズ制作(手ぬぐい、チケットファイル、エコバッグ、マスキングテープ)(2020年2月)
・立命館アジア太平洋大学(APU) APハウスコンセプトブックのイラスト制作(2020年2月)
・キンコーズアーティスト年賀状販売(2020年1月)
・kanakono『ピノ』シリーズデザイン(2019年3月)
・『キッチン&テーブルウェアEXPO』(東京ビックサイト)kanakono出展(2019年6月)
・第8回クリエイターEXPOへ出展(2019年4月)
・毎日の暮らしに色をそえるテーブルウェアブランド『kanakono』デザイナー(2018年8月~)
・『パントマイム・スティックケンイチ』ソロ公演『box』フライヤー(2018年)
・浪華ゴム工業(株)『水まくら』の商品パッケージイラストを担当
・第4回クリエイターEXPOへ出展(2015年7月)
・絵本・童話の創作online 『新作の嵐』に参加
・イタリア・ボローニャ国際絵本原画展2015年度 出品
・第3回クリエイターEXPOへ出展(2014年7月)
・(株)ワークス 絵本コンクールちらし制作、絵本展示会&イベントちらし制作
・東洋経済新報社出版『「部下なし管理職」が生き残る50の方法』(著者:麻野進)イラスト担当
・英単語を自然に覚えることを目的とした絵本『トトとムー おかしのまちへいく』(ワークス)を出版(2014年3月)

イラストレーター中村加菜子

 

お仕事のご依頼・お問い合わせはこちらからお願いします。

CONTACT